厨房の頃俺はMMOにハマり、仲の良かった友達にそのゲームを教えた。
友達は何かに付けて俺を引き合いに出し少し変わっていたが、早くその性質に気づくべきだった・・
そのゲームでは最初に職業と属性を決め、全部で8通りあった。
俺が自分のを教えると全く同じ職業、属性にしてゲームに参加してきた。
まだこの時は何も思わず、普通に狩をしていたがレベルが違うので友達に合わせるように敵の弱い場所にいた。
友達はそれを気にしたのか、俺がログアウトしてからもずっとやり続け
驚異的なスピードでレベルアップした。どう考えてもおかしい上がり方でマクロかと思わせたが、徹夜でやったらしい。
その友達はこれで○○も経験値が稼げるな。と言っていたがそれでもレベルは違い、友達がいない時にレベルを上げ
走れる奥義を手に入れた。この頃から友達はおかしくなり、学校ではゲームの話ばかりで、成績も落ちていた。

心配になった俺は、ネトゲを一緒にやめるよう言ったが聞かない。一緒に狩れるようになるまでやると言う。
やばいと思った俺はレベル上げを中断し常に友達と行動し狩も手伝っていた。
やっとレベルが同じくらいになったと思ったら、数人高レベルの人たちが来て何か言っている。
話を聞いていると友達はPKをしており、同じギルドの人が駆けつけたらしい。
俺は謝ったが友達はPKが出来る場所でするのは問題ないと言い切り、街に戻ってしまった。
そしてそのギルド員を狙ってPKをするようになり、勝てない人には嫌がらせのメッセージを送り出した。
学校ではそのことを他の友達に笑いながら話し、ついに俺のレベルを上回り、益々PKばかりをするようになった。
その間にもやめるよう言ったが聞かず、明らかに自分より弱い者へのPKを繰り返した。
遂に上級者の逆鱗に触れ、見つけられる度逆にPKされほぼゲーム続行不可能になり、逆上して暴言を吐きまくりアカウント停止になった。
それが原因なのか学校にも来なくなり、電話をしてみるとUO(レベルはあまり関係ない)でPKをしてるらしい。
自分は受験シーズンで構ってる時間がなかったので見捨ててしまい、友達は私立の不良高校に行き引篭もっている。
友達は成績も上位1割に入ってて野球部の次期部長だったのだが、手に負えないほどの中毒状態になってしまい
教えたことで人生を狂わせたなら後悔している。もちろん何度も説得しやめるよう言ったが聞かなかった。
仲はいい方だと思っていたので言い方は変だが友人や親が言っても聞かないものを、メディアでとめるのは難しそうだ・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0