ネトゲ体験談

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2006/03/11 03:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二年前のバレンタインデー。
土曜なのにチョコを貰う機会さえない小六の俺が朝起きたとき、弟がパソコンでゲームをしていた。
「何これ?」
「ストーンエイジっていうゲームだよ。今日始めてみた。」
「へぇー、面白そうだな。俺もやってみようかな。」
パソコンが二台あるから、喧嘩も起きなかった。

厨には痛い有料化になってからも10日間無料のアカウントを大量生産してストーンエイジを続けていた。
新潟中越地震の日にアカウントの大量生産に限界がきたというのに、運営会社の苦肉の策「1週間だけ無料です」にまんまと引っかかった。
でもそれも1ヶ月だけ。流石に限界が来たので辞めてしまった。

ゲームをプレイしている間、ゴールデンウィークの家族旅行をすっぽかしてまで課金したい、と親に言ったこともあった。
長時間ぶっ続けでやって、パソコンを使用禁止になって、死んでやる。とも言った。
そのたびに叱られ、説得され、張り手を食らわされたときもある。
始めるキッカケとなった弟はどうか。
弟は規則正しい生活をしていた。自分だけが相当な中毒だった。

得たものなんてなかったと思う。学校は無欠席だったのが幸いして、復帰できたのは早かった。
でも友達とまともに話せるようなネタを見つけるのに三ヶ月は掛かったし、話し方がオドオドしなくなるまでにも時間が掛かった。
ショックだったのは、遊びに誘われるのが皆無だったこと。これは本当にショックを受けた。
やめて1年たった今。
キャラクターをどういう風に育てた、どういう会話をしたという記憶がない。
今ではまた無料になったそのゲームも、やる気が起きない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
− タイトルなし − ネトゲ体験談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる